インターネットで光回線を利用する際には、最初に工事費用が掛かります。一般的なADSL回線の場合には、電話回線をそのままインターネット回線として活用するため、業者が自宅までやって来て工事作業を行う必要はほとんどないのですが、光回線の場合には電話回線ではなくて光ファイバーを利用するため、電柱から建物に光ファイバーを引き込む作業が必要となるのです。作業員が現場にやって来て実際に作業を行うため、申し込みが殺到している時だと工事の予約をしてから実際に作業をしてもらうまでにかかる時間が3か月待ちだったりすることは珍しくありませんし、工事費用も掛かることになります。

 

光回線開通のための工事費は、どの業者を利用するかによって異なりますが、安くても15000円程度、高ければ5万円程度とかなりまとまった費用になるのが一般的です。しかし、この費用をまるまる最初に払う人は少なく、多くの場合には業者が行っているキャンペーンを利用して工事費用を格安もしくは無料にすることができたり、費用を払う場合でも数年かけての分割払いを利用することによって、毎月の工事費用負担分が1000円程度に抑えられるなど、業者ごとに配慮がされています。

 

通信速度が業界最速のNUROでは、基本工事費は4万円かかります。これはNURO光G2VでもNURO光G2でも同じで、キャンペーンなどを利用しない限りは最初にかかる費用となりますね。ただし、4万円を最初に支払う必要はなく、デフォルトで30回払いとなっているので、毎月の支払いは1000円ちょっととリーズナブルに抑えられているので安心です。もしも30回払いを終える前に解約する場合には、残債を支払う責任を負うことにはなりますが、業界最速の光回線なので、インターネットを使い続ける限りは解約する必要はないといえるのではないでしょうか。こうした工事費がかかる光回線を申し込む際には、2,3年間ぐらいは引っ越す予定がないことを確認した上で申し込むことも、賢いインターネットとの付き合い方と言えるでしょう。

 

NURO光 公式サイトはこちら



インターネット光回線の工事費はいくら?

インターネットをこれから光回線にしようかなという際には、まず最初に工事費がかかることは知っていますか?すでにその建物に光ファイバーが引き込まれている場合なら、特に現場に作業員が足を運んで作業を行う工事は必要ではありませんが、これまでADSLなどのインターネット回線しか利用したことがない建物の場合には、光ファイバーを引き込むための工事が必要となります。実際に作業員が契約する住所にやって来て数時間かけて工事を行うため、たくさんの人が光回線の申し込みをすれば工事日の予約がなかなか取れずに待ち時間が長くなってしまうことはありますし、費用も掛かることになるのです。

 

実際にどのぐらいの工事費がかかるのかは、どの光回線を申し込むかによって異なります。多くの業者では、最初に工事費がかかっても、2年とか3年ぐらい利用すると実質無料になるようなキャンペーンを行っていることが多いので、かかる工事費を全額実費で支払うことは少ないようですね。目安としては3万円~4万円程度が多くなっています。最初に一括で払う業者は少なく、多くの場合には何十回化の分割払いで毎月の利用料金と合わせて支払うシステムになっています。そして、実質無料になるところだと、その同額を毎月少しずつキャッシュバックという形でディスカウントしてくれるシステムとなっているようです。ただし、2年とか3年ぐらい利用すれば実質無料になると言っても、その期間前に解約してしまうと、分割払いで支払っている工事費の残債は一括返済ということになるので注意しましょう。

 

たとえば、世界最速と言われているNURO光の場合には、かかる工事費は4万円ですが、30回払いの分割払いがデフォルトとなっています。毎月の返済額にすると1000円ちょっとなので、利用料金と合わせて払ってもそれほど経済的に大きな負担にならない金額ですよね。そして、2年間の契約をすれば、30カ月にわたって分割払いの金額と同額をキャッシュバックしてくれるキャンペーンが利用できるので、実質無料で利用できることになります。

 

業界最速!? NURO光の詳しくはこちら