光回線は、光ファイバーを使ったインターネット回線で、従来の電話回線を使うわけではないという点は、すべての光回線に共通しています。しかし、どんな業者から提供されているかという点で、いくつかの種類に分類できます。まず1つ目は、NTTから提供されているフレッツ光ですね。光回線においては国内シェアナンバーワンを誇っていますが、現在では他にたくさんの優秀な光回線サービスが提供されているので、個人利用者のフレッツ光離れが進んでいるようです。

 

2つ目は、KDDIが提供しているAU光です。AUといえば携帯電話のキャリアとしても知られていますが、国際電話業者でもあり、現在国内の光通信ではシェアナンバー2を誇っています。個人向けの利用者に対して、キャッシュバックなどの特典が充実していますし、リーズナブルな料金で携帯電話を利用できるという点で、人気があるサービスですね。

 

3つ目は、ケーブルテレビが提供している光回線サービスがあります。光回線はテレビ回線としても利用できるため、ケーブルテレビのサービスと合わせて利用することによって、料金面でディスカウントされるなどの特典が期待出来るサービスと言えるでしょう。

 

4つ目には、電力会社が提供する光回線があります。東京電力とか中部電力、九州電力など各地域に電力を管轄している電力会社がありますが、これらが光回線を提供している場合には、利用することが可能です。

 

5つ目には、インターネットのプロバイダが提供するサービスがあります。すでに特定のプロバイダを利用している人なら、プロバイダ提供の光回線をチェックしてみると良いかもしれませんね。途中解約料などが発生しませんし、メールアドレスなども変更する必要がなく、そのままスムーズな移行ができるでしょう。また、プロバイダ提供のものだと、光回線利用料とプロバイダ契約料とで別々の請求書が送られてくることがなくなります。一つにまとめることができるので、その点では管理しやすいというデメリットもありますね。

 

NURO光 公式サイトはこちら



インターネット光回線の種類と比較

インターネットの回線をもっと速くしたい!という人は多いですよね。そんな人におすすめなのが、光ファイバーを使って信号を伝送する光回線なのですが、光回線と言ってもいろいろな種類があります。ライフスタイルによってどの種類がぴったりなのかが異なるので、選ぶ際にはいろいろ比較しながら選ぶことが大切ですね。

 

まず1つ目は、NTTから提供されているフレッツ光です。利用している人が最も多く、シェアという点ではナンバーワンの回線です。ただし、サービスとか速さという点ではイマイチという声が多いので、これから新規に光回線に申し込もうかなという人にとっては、あまりお勧めではないかもしれません。特に光回線をマンションなどの集合住宅で使う場合だと、一つの光ケーブルを複数でシェアすることになります。そのため、他の世帯がたくさん使っていると自分が使う時にはスピードがイマイチ、ということになりかねないのです。また、価格の面でも他のサービスと比べると割高感がある点も否めません。

 

2つ目の種類は、シェアがナンバー2のAU光です。これはKDDIから提供されているサービスで、携帯電話にAUを使っている人なら割引などのメリットが大きい点が人気となっています。これからスマホを持とうかなと考えている人なら、光回線と携帯をどちらもauにするのがおススメでしょう。また、プロバイダからのキャッシュバックが充実している点もお得です。

 

3つ目のサービスは、NURO光のように光回線のみを専門に取り扱っているものを利用する方法です。利用できるエリアが限定されているというデメリットはあるものの、通信速度は抜群に速いものが多く、価格面でもお得度がビッグなサービスが多いので要チェックですね。

 

4つ目は、インターネットプロバイダから提供されている回線です。これは光コラボレーションと呼ばれるもので、通信にはフレッツ光の回線を使うという特徴があります。しかしフレッツ光を契約するよりも価格面がお得なものが多いので、こちらもチェックしたい光回線と言えるでしょう。

 

業界最速!? NURO光の詳しくはこちら