インターネットの光回線を利用する際には、価格チェックする必要があります。光回線は、従来の電話回線を利用するわけではなく、新たに光ファイバーを電柱から建物に引き込む必要があります。そのため、業者が現地に足を運んでの工事が必要となり、それに伴って工事費用も掛かります。もしもアパートやマンション、一戸建てに入居する場合で、前の住人が光回線を利用していた場合には、その建物にはすでに光ファイバーが引き込まれていることが考えられるので、NTT局舎内の工事のみでOKとなるのですが、そうでない場合にはまずは工事を予約しなければいけません。

 

光回線の初期工事では、数万円単位の工事費用が掛かります。これは毎月かかる価格とは別料金なのですが、業者によっては一度に全額を支払うというシステムではなくて、毎月少しずつの分割払いに対応している所が多いので、毎月1000円~1500円程度を2年~3年間かけて返済することになります。この返済は、毎月の利用料金に上乗せされての徴収となりますが、金額がそれほど高くはないので安心ですね。

 

その他、毎月利用するサービス利用料金が必要となります。利用料金は業者ごとに異なりますが、目安としては毎月5000円ぐらいが一般的でしょう。安い所なら毎月4500円で利用できるサービスもあれば、5200円程度かかるサービスもあります。もちろん、価格だけを比較するのではなく通信速度やそのほかのサービス、特典、cashバックなども含めて比較しながら、少しでもお得な業者を選びたいですね。

 

価格を比較する際に注意したい点は、初期工事費用の分割払いとキャッシュバックについてです。初期工事費を分割払いにする場合、完済までにもしサービスを解約しても、残債の支払い責任は残るので、サービスを利用していないけれど支払いだけは残ってしまうということが起こります。一方、キャッシュバックの場合には、サービスを解約すると同時にキャッシュバックの受け取り資格もなくなるので注意してくださいね。

 

NURO光 公式サイトはこちら



インターネット光回線の価格比較

これから光回線を新規で利用する際には、やはり複数の業者の価格を比較して、少しでも安くて速い業者を選びたいものです。月額料金だけを比べた場合、業界最安値ナノは、auひかりの回線を使い、プロバイダはソネットを契約するという組み合わせですね。この場合には、一戸建ての場合には月額5600円、マンションの場合だと4300円の月額利用料となりますが、工事費が基本的に無料だったり、ソネットからキャッシュバックをもらえるなどの特典もついているので、最初の2年間は実質的に一戸建てプランで月額3379円、マンションプランで月額2183円での利用が可能となります。

 

しかも、この組み合わせは、キャッシュバックがなんと5万円、しかもほぼ確実に受け取ることができる現金、という点が人気となっています。ソネットから2万円、そして代理店からは3万円のキャッシュバックが出ますし、ほとんどもらえないというようなタイプのキャッシュバックではないので、要チェックですよ。

 

Auに続いて月額料金がリーズナブルなのは、ソフトバンク光ですね。AUと比べると若干高めですが、最初の2年間は戸建てプランなら実質月額4158円、マンションプランなら2758円となっています。しかも、ソフトバンクのキャッシュバックも充実していて、特別な手続きをしなくても、開通した2か月後には28000円のキャッシュバックが自動的にもらえますし、他社から乗り換えという場合だと、全員に24000円が割引されるので、結果的に何と52000円をゲットできることになります。

 

そのほか、プロバイダ系の光回線業者も、月額料金は比較的リーズナブルですね。ただし、プロバイダ系の業者は、回線にフレッツ光を使っているため、回線が混雑することは多いかもしれません。その点はあらかじめ理解しておきたいですね。

 

料金面では業界最安というわけではありませんが、速度で光回線を選びたいなら、世界最速のNURO光という選択肢もありますよ。こちらは2年間契約をすれば月額料金がディスカウントされますし、初期工事費も実質無料で利用できるので、お得です。

 

業界最速!? NURO光の詳しくはこちら