光回線は、ただ回線を引いただけではインターネットを利用することはできません。回線を引いたうえで、インターネットに接続するためのプロバイダとの契約も必要となります。プロバイダの中には、光回線も提供している所がたくさんあり、そうしたサービスを利用すると、回線利用料にかかる料金と、プロバイダサービス料金が一つの請求書にまとめて送られてくるので、毎月あちこちに料金の支払いを済む手間が省けます。

 

プロバイダが提供している光回線は、通信速度だと1Gbpsと横並びになっていることが多いですね。NURO光のように2Gbpsで利用したい場合には、残念ながらプロバイダ提供の光回線では難しいでしょう。光回線を利用できるプロバイダには、OCN光、So-net光、BIGLOBE光、Marubemi光、DMM光の5社が代表的なものです。毎月の利用料を比較すると、最も高いのはSo-net光で5200円、最もリーズナブルなのはDMM光の4,820円ですね。

 

プロバイダが提供する光回線は、工事費が無料というサービスが多いという点と、キャッシュバックが充実しているという点があげられます。例えばSo-net光ではキャッシュバックはたっぷり25000円もついていますし、お得な料金が自慢のDMM光でも5000円をキャッシュバックとして受け取ることができます。このキャッシュバック制度は、契約したらすぐにゲットできるというわけではなく、いくつかの条件を満たさなければいけないことが多いので、最初に確認しておくことをおすすめします。

 

もしも現在利用しているプロバイダがある場合には、わざわざプロバイダを変更しなくても、利用しているプロバイダが提供してている光回線を利用するのが良いかもしれません。その場合には、契約を途中で解約することで発生する違約金などは一切かかることがありませんし、利用しているメールアドレスなども変更する必要がないので、とても便利ですよ。もちろん、プロバイダ提供のものでなければいけないというルールはないので、NUROなど速度と料金ともに優秀な光回線を利用しながら、別のプロバイダを使うというのももちろんOKです。

 

NURO光 公式サイトはこちら