通常のADSL回線の場合には、その家庭に電話回線がすでに通っていれば、業者がやってきて工事を行う手間は必要ありません。そのため、インターネットの申し込みをすると、NTT局内工事のみの対応となり、早ければ即日でサービス開始となります。しかし光回線の場合には、電話回線を利用するわけではなく、光ファイバーが必要となります。各家庭にすでに光ファイバーが引き込まれているわけではなく、光回線を利用する際には電柱から建物まで光ファイバーを引き込まなければいけません。

 

素人が簡単にできる作業ではないので、回線を引き込む作業は業者が現場に足を運んでの作業となるため、場合によっては工事待ちの期間が発生してしまうのです。数年前までは、申込んでから実際に工事をしてもらえるまでにかかった期間は1ヶ月から3ヶ月ととても長かったのですが、現在ではかなり短縮されていて、地域によっては1週間〜2週間でサービスを開始することができます。早ければ申し込んでから1週間でサービス開始となることもあるので、地域によって大きな差があることが分かりますね。

 

そのため、光回線の申し込みをする際には、できるだけ前もって日数に余裕を持ったうえで申し込むことをおすすめします。特に新築物件などの場合には、光回線がまだ引き込まれていない可能性が高いので、入居前にきちんと申し込みをしておいた方が、タイミングよくインターネットも使えるようになりますよ。

 

この光回線の工事には、費用が掛かります。業者ごとにかかる費用は異なりますが、工事費無料のキャンペーンをしている業者もあるので、うまく見つけて利用するのがおススメですね。例えば関東エリアに特化したNURO光の場合には、キャンペーンを利用すれば工事費は無料という特典がついていますし、3万円のキャッシュバックを受け取ることができるという特典もついているので、仮に工事費を払ったとしてもお得にスタートできるというメリットがあります。

 

NURO光 公式サイトはこちら



インターネット光回線の工事内容

ADSLなどのインターネット回線を申し込むと、大体は現地に作業員がやってくるような工事は必要ないケースが多く、申込んだらすぐに使えますよね。しかし光回線の場合には、まだまだ光回線の引き込みを済ませている建物が少ないため、光回線の申し込みをすると現地まで作業員が足を運んで工事を行うことが多いものです。工事には数時間の作業時間がかかってしまうため、光回線の申し込みをしても工事の予約がなかなか取れず、実際に使えるようになるまでに数週間がかかってしまう事も多いのです。

 

光回線の工事内容ですが、作業員が光ファイバーケーブルを部屋の中まで引きこんだり、光信号を電気信号へと変換するための終端装置を設置するなどの作業を行います。光回線を引き込むと、家の中にはONUと呼ばれる小さなボックスが設置されます。工事の際にはどこに設置するかを指定することが可能ですが、そこにルーターなどを差し込むことになるので、パソコンがある場所のそばに設置してもらう家庭が多いですね。

 

光ファイバーをどこから引き込むのかという点ですが、自宅のそばにある電柱から直接引き込むことになります。これは一戸建てでもマンションタイプでも同じで、電気や電話などがすでに通っている家庭なら、それほど難しい作業ではありませんし、追加の作業が発生して料金がさらに多くかかるということもありません。

 

7階建て以下の建物の場合には、アパートのような集合住宅でも一戸建てと同じ扱いとなり、契約はマンション単位ではなくて世帯ごとに行うことになります。ただし、賃貸の場合には、壁に穴をあける許可を大家さんからもらえないことがあるため、エアコンのダクトや電話線の配管などを使って光ファイバーを引き込むことになりますが、これが難しい場合だと、残念ながら光回線は開通不可ということで使うことができません。たまに、配管が詰まっているために光ファイバーが通せないということがあるため、賃貸の場合には希望しても使えないこともあるという点は理解しておきたいものです。

 

業界最速!? NURO光の詳しくはこちら