通常のADSL回線の場合には、その家庭に電話回線がすでに通っていれば、業者がやってきて工事を行う手間は必要ありません。そのため、インターネットの申し込みをすると、NTT局内工事のみの対応となり、早ければ即日でサービス開始となります。しかし光回線の場合には、電話回線を利用するわけではなく、光ファイバーが必要となります。各家庭にすでに光ファイバーが引き込まれているわけではなく、光回線を利用する際には電柱から建物まで光ファイバーを引き込まなければいけません。

 

素人が簡単にできる作業ではないので、回線を引き込む作業は業者が現場に足を運んでの作業となるため、場合によっては工事待ちの期間が発生してしまうのです。数年前までは、申込んでから実際に工事をしてもらえるまでにかかった期間は1ヶ月から3ヶ月ととても長かったのですが、現在ではかなり短縮されていて、地域によっては1週間〜2週間でサービスを開始することができます。早ければ申し込んでから1週間でサービス開始となることもあるので、地域によって大きな差があることが分かりますね。

 

そのため、光回線の申し込みをする際には、できるだけ前もって日数に余裕を持ったうえで申し込むことをおすすめします。特に新築物件などの場合には、光回線がまだ引き込まれていない可能性が高いので、入居前にきちんと申し込みをしておいた方が、タイミングよくインターネットも使えるようになりますよ。

 

この光回線の工事には、費用が掛かります。業者ごとにかかる費用は異なりますが、工事費無料のキャンペーンをしている業者もあるので、うまく見つけて利用するのがおススメですね。例えば関東エリアに特化したNURO光の場合には、キャンペーンを利用すれば工事費は無料という特典がついていますし、3万円のキャッシュバックを受け取ることができるという特典もついているので、仮に工事費を払ったとしてもお得にスタートできるというメリットがあります。

 

NURO光 公式サイトはこちら