インターネットを利用したいけれど費用が気になるという人はたくさんいます。従来のADSLサービスと比べると、光回線の場合には光ファイバーを電柱から建物に引き込む工事が必要となるため、初期費用にまとまった金額がかかってしまうというデメリットがあります。いくらぐらいかかるのかは業者によって異なりますが、安ければ1万円程度、高ければ4万円〜5万円とかかる業者もあります。

 

しかし、多くの業者では工事費用が無料になるキャンペーンを行っていたり、最初にまとまった金額を払う必要はなく、数年かけて分割払いにできるシステムをとっています。そのため、最初に多額の費用を払う必要がなく、気軽に始めたい人にとっては、契約しやすい環境となっています。光回線を使うと毎月どのぐらいのサービス利用料金がかかるのかという点もまた、業者によって異なります。大体の相場としては5000円〜6000円程度ですね。携帯キャリアから提供されている光回線をみると、ドコモとソフトバンクは毎月5200円、AUは少しリーズナブルで5100円となっています。プロバイダーが提供している光回線の場合には、5000円以下となるのはBIGLOBEの4980円、そしてDMM光の4820円出、その他は5100円〜5200円程度が多くなっています。

 

ローカルな地域に限定している光回線業者の場合には、全国規模で展開されているサービスよりもリーズナブルに利用できる業者が多いという特徴があります。例えば業界最安値のEO光は、関西のみでのサービスですが、毎月の利用料は4500円ですし、通信速度が業界最速のNURO光でも、速度が速いからと言って料金も高いということはなく、毎月4743円で利用可能です。その他、5000円以内のサービス利用料金なのは、九州地方オンリーのBBIQ光で4700円、そして四国地方のみのピカラ光の4953円があります。インターネット回線というと、とかく全国規模のサービスをチェックしやすいのですが、NURO光のように速度面でも価格面でも優秀なローカルサービスもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

NURO光 公式サイトはこちら