インターネットの中でも多くの人が利用しているADSLですが、住んでいる場所によっては通信速度がイライラするほど遅くなってしまったり、空気中のノイズなどが入りやすいという特徴があります。特に、NTTの電話局者からの距離が遠くなってしまうとどうしても通信速度が低下してしまうのはADSLに限らず従来のインターネットに関して共通するデメリットなのですが、映画や音楽などファイルサイズが大きなコンテンツを楽しみたい時には、画像が途中でフリーズしたり、ダウンロードする際に気が遠くなるほどの時間がかかるなど、イライラすることは少なくありません。そんな時におすすめの光通信は、NTT局舎からの距離に関係なくどこに住んでいても超高速通信を可能にしてくれますし、マンションのような集合住宅に住んでいる人でも利用できるという点が大きなメリットとなっています。

 

光通信というのは、光ファイバーケーブルを使ったブロードバンド回線のことで、分かりやすく考えるなら、ADSLを進化させたバージョンアップ版と言えるでしょう。通信回線なので、インターネットだけでなく電話とかテレビなどにも活用できますし、電話線ではなくて光を使って通信するので、ノイズが入りにくいですし、距離に関係なくどこからでも超スピードの回線が楽しめるというメリットが期待できます。

 

光通信を利用する場合には、もしも集合住宅や一戸建てなどで、以前にそこに住んでいた人が光通信を利用していた場合には、新たに工事の必要はありません。しかし新規の場合には、業者がやって来ての工事が必要となるので、コストがかかるというデメリットがあります。光通信の中でも業界最速を誇るNUROの場合には、最初の工事は4万円程度かかりますが、30カ月の分割払いができるので、毎月1333円だけの返済で業界最速の光通信を利用することができます!光通信の業者を選ぶ際には、初期工事にどのぐらいかかるのかという費用比較も忘れずに行いたいですね。

 

NURO光 公式サイトはこちら



インターネット光回線が速い仕組み

従来のADSLよりもずっと高速という特徴を持つ光回線は、どのような仕組みになっているのでしょうか?従来のインターネット回線では、電気信号を電話回線に乗せてデータを伝達するという方法だったのですが、電話回線では速さに限界があります。そこで登場したのが、メタクリル樹脂や石英ガラスなどでつくられた光ファイバーケーブルを使った光回線なのです。光回線は、電気信号を光に変えることで情報伝達ができるため、データを長い距離で伝達する際には大きなメリットが期待できます。

 

光回線を利用するためには、まず光ファイバーの引き込みが必要となります。近年ではインターネット回線が自宅にすでに引き込まれている住宅が多いため、作業する人が現場に足を運んでケーブルの引き込み工事が必要になることは少ないのですが、光回線の場合には、まだまだ光ファイバーが引き込まれている世帯が少ないため、もしもこれから利用したい場合には引き込み工事が必要になるケースが多いですね。引き込み工事では、実際に作業員が自宅に足を運んで屋外と屋内とで工事作業が必要になるため、数時間がかかります。そのため、地域や時期によっては光回線の契約をしても、工事の予約がなかなか取れずに数週間ほど待たなければいけないということはあるようですね。

 

光ファイバーケーブルを使う光回線は、どのようにして信号の変換が行われているのでしょうか?光ファイバーの引き込みを行うと、自宅の中にONUと呼ばれる回線終端装置が設置されてます。小さな装置なのですが、ここで光の信号と電気の信号が変換されています。つまり、自宅でインターネットに接続すると、電気信号がこのONUを通過する際に光の信号へと変換され、光ファイバーケーブルの中を通ってデータの伝達が行われます。そして、外から送られてきたデータは、光の信号からONU内で電気の信号へと変換されて、自宅でインターネットを楽しむ私たちの元に届けられるという仕組みとなります。

 

業界最速!? NURO光の詳しくはこちら