NURO光を契約する際に、光通信回線だけでなく光電話をオプショナルで追加すると、おうち割引という割引制度が対象となって、家族みんなで持っているスマホの料金が毎月最大で2000円割引になるという特典を受けることができます。この2000円割引というのは、スマホの請求代金の合計から2000円を差し引いてくれるという方法になっているので、税率が変わっても割引額が大きくなるということはありません。

 

NURO光とソフトバンクのおうち割のシステムをご紹介しましょう。どのぐらい割引してもらえるかは、ソフトバンクでどのような契約をしているかによって異なっていて、3G携帯のみを持っている場合には、NURO光のインターネット回線を契約することで毎月500円の割引となります。スマホもしくはタブレットを持っている人なら、毎月1522円の割引となり、これなら2年間で4万円近くの割引が適用されることになるので、とってもお得ですね。

 

ソフトバンクのスマホを持っている場合には、データ定額パックを利用している人が多いのですが、データ定額パックの中でも標準タイプと大容量タイプとがあります。このうち、標準タイプを利用している人なら、毎月の割引は1522円となりますが、大容量タイプを利用している人なら割引率が最大となり、その額は毎月2000円となります。2年間にすると48000円の割引が適用されることになります。

 

おうち割は、毎月ソフトバンクの請求額から定額が割引されることになり、それは2年間ずっと続きます。3年目以降には、割引率は少し少なくなりますが、3G携帯を持っている人なら同額の500円、データ定額パックの人なら標準タイプでも大容量タイプでも毎月1008円を割引してもらうことができるので、NURO光を使っていればずっと携帯電話を安く利用できることになります。

 

このサービスは、NURO光が提供しているサービスではなく、ソフトバンクが提供しているサービスです。ソフトバンクがおうち割の適用対象となるサービスにはNURO光以外にもいろいろあるので、おうち割について質問や問い合わせをしたい場合には、ソフトバンクに問い合わせてみるのが良いかもしれませんね。

 

NURO 光 お申し込み等さらに詳しくはこちら