インターネットサービスを、できるだけ高速通信でリーズナブルな料金で利用したいというのは、インターネットをよく利用する人ならだれもが考えていることではないでしょうか。従来のNURO 光G2Vプランでは、一戸建てに住んでいる人と、5階建て以下の低層マンションに住んでいる人のみが対象になっていたため、5階建て以上の集合住宅で暮らす人にとっては利用したくても利用することができないということが少なくありませんでした。

 

そんな人のために発売開始となったのが、NURO 光 マンション VDSLのサービスです。これは、集合住宅で暮らしている人のための光サービスで、料金体系が従来のNURO 光 G2Vプランと比べてユニークになっている点が異なります。従来の光G2Vプランの場合には、毎月かかるサービス利用料金は4743円となっていて、これは変わることはありません。しかしNURO 光 マンション VDSLの場合には、その集合住宅で何人の利用者がいるかによって、毎月の利用料金が変わる仕組みになっています。

 

例えば、同じマンションで4人がNURO 光 マンション VDSLに加入すると、毎月の利用料は2500円となり、7人に増えると月額利用料が少しディスカウントされて2400円となります。8人に増えると2300円、9人なら2200円とどんどん安くなり、10人以上になると、なんと毎月の利用料が1900円とかなりお得になります。

 

1900円で利用できるインターネットサービスって近年ではほとんどありませんし、あっても通信スピードが遅かったりして、動画を見たり自宅で仕事をする人にとっては役立たないサービスもたくさんあります。しかしNURO 光 マンション VDSLの場合には、通信速度は下りでさいだい2Gbpsとなっているので超高速ですし、そのスピードは世界最速と言っても過言ではないほど。家庭のパソコンで動画を見ても、画像が途中で止まったりすることがなく、いつでも映画館のようなレベルでスムーズな動画再生が可能です。もちろん、光電話やセキュリティ対策などもオプションとしてついていますし、インターネットについてのサポートサービスもついているので安心です。

 

NURO 光 お申し込み等さらに詳しくはこちら



NURO光 マンション VDSLへ変更するには

インターネット回線は大きく分類すると、通信速度が速い光回線と、通信速度が遅いVDSL回線とに分類することができます。現在は光回線が広く普及しているため、マンションでも光回線を最初から引き込んでいる所が増えていますが、少し前に建てられたマンションのほとんどは、マンション自体に引き込んでいる回線はVDSL回線となっています。そのため、マンションを賃貸もしくは購入した後にnuro 光を利用したいという場合には、この従来引き込まれているVDSL回線を光回線に変更する作業が必要となります。

 

マンションは複数世帯が暮らす集合住宅です。そのため、各世帯の要望で変更できることとできないことが存在します。フレッツ回線を利用しているマンションの場合には、基本的にはNTT側でVDSLから光回線へ変更する許可が出ないため、光回線に変えることができないことがほとんどです。それでは、どのようにしてnuro 光を使ったらよいのでしょうか?

 

NTTの都合で光回線に変えられなくても、NTTとは関係ないnuro 光は、全く問題なく光回線を自宅に引き込むことができます。ただし、7階以上の高層マンションになると、引き込む際にはマンションの管理側と話し合いが必要になりますし、利用世帯数が少ないと利用したくてもできないということもあるので注意しましょう。7階以下の低層マンションの場合には、管理側との話し合いとか最低世帯数などは必要ないので、大家さんの許可があれば自宅にnuro 光の回線を引き込むことができます。

 

マンションにすでにフレッツ回線が引き込まれている場合、nuro 光ならフレッツ回線をそのままキープした状態で別の光回線を引き込むことができます。つまり、もしも電話をそのままフレッツ回線で利用したい場合には、インターネットは光回線、固定電話はフレッツ回線ということも可能です。ちなみに、NTTと干渉しない光回線業者はnuro 光以外にもあって、AUひかりとかEO光などがあります。ただし、各サービスによってマンションへの引き込みができるかどうかは異なるので、業者に確認してくださいね。

 

NURO光 公式サイトはこちら